Verb Fit お店情報
足に優しいオーダーシューズをつくる  

オーダーシューズって興味はあるけどどんな感じなの?そんな皆様のために、2012年5月に募集させていただきましたモニターにご当選の I さんにご協力いただき製作過程をまとめていきます。

 

 

 
 
オーダーシューズを作る-カウンセリング  
   
打ち合わせ  

まずはカウンセリングを行います。現在の足の状態やお履きの靴の減り具合、お客様のご希望などから、どのような靴が最適かをお調べ致します。ですので、ご来店前にフットケアをしていただいたり新しい靴を履いてきたりなさらずにいつものままの感じでお越し下さい!!よりぴったりくる靴づくりの大きなヒントになります。スタッフは男性女性どちらもおりますので、気になる方はご予約時にお問い合わせください。

 
   
フットプリント  
計測  

足の裏がどんなふうに床に付いているか、圧力のかかりかたを調べます。足を肩幅に開きリラックスしてお乗りください。動きますと2重印刷になってしまいます。

 

 
   
   
計測  
採寸  

足のサイズを場所ごとに計ります。足の状態によって更に型取りする場合もあります。

 
   
   
つまさきの形は3種類  
デザインを選ぶ  

足の形の計測の結果から、おすすめの形とデザインをいくつかご提示します。つまさきの形が大きく分けて3タイプあります。左から、スクエア、ラウンド、ワイド。写真は同じスニーカーデザインをスクエア、ラウンド、ワイドで作っています。つま先の形が違うだけでも印象がずいぶんちがってきますね!これらをベースに、お客様にあわせて補正をいたします。

   
サンプル  

I さんはモデルサイズなことと、スポーツによる怪我などできれいめに履ける靴がなかなか見つからない、でも普段はデニムが多いので着まわししやすいものがご希望とのことでしたので、まず形はラウンド型を選択しました。こちらのベルクロのワンストラップデザインをベースに、薄い足の甲をカバーするために覆う部分を気持ち深めに変更し、少し骨が内側にボリュームが出てしまっている

足首周りをすっきりフィットするように修正することになりました。サンプルサイズは少し親指がつかえてしまっています。

   
革のカラーはお選びいただけます  

カラーもじっくり選んで、なかなかおしゃれな配色になりそう!楽しみです。

 
オーダーシューズ注文の流れ2に続きます。